Back to Top

寺院紹介

 

龍泉院の紹介

 
 
 
 

寺院紹介

 
 
 
 

天徳山龍泉院は建長五年泉村に創建されし古利なり開基は相馬小次郎師胤公にして開山は木更津市真如寺六世量指英和尚なり天文年間頃曹洞宗に属せるか寛永九年本多豊前守正貫公五世幽谷和尚に帰依し現在地約四町歩を寄進し諸堂悉く構築す十五世象山和尚代に至り本堂香積を再建し参道を開鑿せり後既に貮百餘歳を経て老朽著しく先に香積を改築する昭和五十年山林約貮千四百坪の処分金を資金に檀越より浄財を募り多額の寄捨を得る以て翌春本堂を解体し夏に地元棟梁に依りて客殿を新造す本堂は有井建設株式会社の施工にして同年秋十月に上棟し翌春三月に竣工す其後境内の諸整備を為し略輪奐を具えり依て茲に殿堂変遷の梗概を記し永く遺さんとす

昭和五十八年四月

落慶之令辰

當山三十一世 大心宏雄

 
 
 
 

ことのは